So-net無料ブログ作成
検索選択

シックスセンシズ・ラーム24 ワンズ・ホテル② [2016 シックスセンシズ・ラーム@モルディブ]

それでは今回は、シンガポールのワンズ・ホテル、ディープ・スイートの様子をご紹介する。
ディープ・スイートは、リビングルーム、ベッドルーム、バスルームと分かれている。
部屋の入口を入るとまず、リビングルームになっている。
リビングのソファはソファベッドになっていて、夜中のチェックインという事で最初からベッド仕様にしてくれていた。
DSC04287.jpg

ソファの正面にはテレビと、デスク兼ミニバーというようなスペースがある。
冷蔵庫のドリンクはコンプリメンタリーなのが嬉しい。
左側の壁はクローゼットになっている。特に狭くも広くもなく、標準的な大きさだと思う。
DSC04301.jpg

ガラスの仕切りがある向こうは、ベッドルーム。
DSC04295.jpg

キングサイズベッドが中央に鎮座。リビングとの間はカーテンを引く事もできる。
DSC0429.jpg

DSC04293.jpg

DSC04307.jpg

こちらもテレビがある。
正直2つもいらないが、壁掛けで邪魔にならないので問題はない。
DSC04294.jpg

窓際にはライティングデスクが。
こっちはミニバーとくっついていない、ちゃんと使えるデスクだ。
DSC04297.jpg

窓際には赤いチェアが並んでいる。
なお、夜なので見えないが、窓の外には普通に道路が見える。
2階という事もあって、カーテンを開けると丸見えになってしまうのでご注意。
DSC04298.jpg

ベッドルームの奥にはバスルームがある。
手前にベイシン、奥にシャワーブースとトイレという構成。バスタブはない。
DSC04311.jpg

バスアメニティは、基本的な物は揃っている。
変にダブルシンクにしてしまうより、シングルでスペースが広く使える方が我が家好み。
DSC04312.jpg

トイレはベイシンの隣。ガラスのパーティションで区切られてはいるが、オープンなつくり。
もちろんウォシュレットではない。
DSC04308.jpg

シャワーブースはその隣。
こちらもオープンなつくりだが、水が外に漏れないようにはなっている。
ハンドシャワーとレインシャワーが備えてある。
DSC04309.jpg

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました